mail メールの方はこちらへ

phone 電話は方はこちらへ
フリーダイヤル 0120-1147-39(イイシナサンキュウ)

株式会社 ADK ダイアログ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-10-5
日土地虎ノ門ビル7階


pryvacy

ADK Dialog 誕生 〜時代は、アド・スピークから“ダイアログ”へ

対話型(ダイアログ)コミュニケーションで
クライアント企業のビジネスを成功に導きます。

 

企業のメッセージが消費者に届かない。消費者の声が企業に届かない。TVCMが効かない。
DMの結果が出ない。企業と消費者のコミュニケーションのギャップは想像以上に深くなっています。
今や、コミュニケーションの主役の座は完全にクチコミやブログ、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)などのCGM(コンシューマー・ジェネレーティッド・メディア:消費者発信のメディア)に奪われてしまいました。

そんな状況の中、企業に今最も必要なものは対話(ダイアログ)ではないでしょうか?

消費者を一人の個客として捉え、個客のことを良く知り、個客をまっすぐに見詰め、
個客の立場に立ったダイアログを重ねる。そんな人間関係を作る上では原点となる当たり前の姿勢を、
何故多くの企業は忘れてしまったのでしょうか?
私たちはダイアログを基盤としたコミュニケーションで、企業が、見込客の開拓段階から良好な関係を
構築し、優良な顧客へと育て上げていくまでをお手伝いするダイレクト&リレーションシップ・マーケティング・エージェンシーです。
(今後、私たちのこの、ダイアログを中核としたダイレクト&リレーションシップ・サービスをダイアログ・マーケティングと呼んでいこうと思っています。)
また、顧客だけではなく企業の従業員やビジネスパートナーともダイアログを重ね関係を強化することにより、シナジー効果を追及いたします。これは今までの広告代理店がほとんどタッチしていなかった分野です。
もちろん、マーケティング・エージェンシーとして、最終的に企業のビジネス成功に結びつけることを使命としています。そのためにアカウンタビリティ(結果の説明責任)を徹底的に遂行いたします。
広告メッセージ(アド・スピーク)が効力を失いつつある中、ダイアログにより企業と良好な関係を持った顧客が、クチコミやブログで好意的な情報を発信する。これからのマーケティングの勝利のサイクルだと信じます。

「企業から消費者へ」ではなく「わたしから目の前のあなたへ」が、
私たちが提唱するコミュニケーションの基本姿勢です。

 

 

株式会社 ADK ダイアログ Phone:03-3547-5163 Mail:okigaru-ni@adk-dialog.jp